冬になるとブーツや長靴などを履く機会が増え、靴の中が蒸れて水虫になってしまうことがあります。また、寒くなると乾燥してしまい足のかかとがひび割れその部分からも水虫が感染してしまうこともあるので注意しましょう。

冬になると乾燥により足のかかとがひび割れ水虫に

水虫と言えば暑い夏に起こると思われがちですが実は冬にも水虫になります。
冬の水虫は夏とは違い指と指の間に水ぶくれができてジュクジュクしてかゆみを伴うことはありません。かかとが乾燥してひびわれを起こし、ボロボロとはがれてしまうのです。この状態ではかゆみはありませんがかかとが固くなっており本人も自覚症状のないまま症状が進んでしまいます。
水虫は全て自覚症状があるとは限らないのです、かゆみがなくなったからと言って治療をやめてしまいますと冬の水虫になってしまいますので継続して治療するようにしましょう。
角質型の水虫になりますと他の家族にも感染させるリスクが高くなってしまいます。ボロボロに取れた皮膚には白癬菌は含まれているのですが、これが他の家族の足に付着して感染させてしまうのです。
予防する方法ですが夏に水虫になっていた人は治療を続けましょう。そして乾燥しないようにかかとにクリームをつけることをおすすめします。最近かかとが白くなって皮膚がはがれると思ったときにはすぐに皮膚科に診てもらいましょう。
実は白癬菌は弱い菌なのですが一度感染してしまいますとなかなか完治しません。まだ自覚症状のあるうちに完治させてしまうのが得策です。
あと家族に感染させないために自分一人専用のバスマットを使ったり、スリッパは自分専用にする、はだしで歩かないなど徹底するといいでしょう。
人間の体は菌と順応できるようになっています。最初水虫に感染したばかりの頃はかゆみを伴ったりなど自覚症状が出るものの次第になじむとかゆみも感じなくなってしまうのです。
実は完治したと思っていたのは完治していないのかもしれません。いつまでも治療することが大事です。