冬になるとブーツや長靴などを履く機会が増え、靴の中が蒸れて水虫になってしまうことがあります。また、寒くなると乾燥してしまい足のかかとがひび割れその部分からも水虫が感染してしまうこともあるので注意しましょう。

水虫はコットンの靴下で予防・治療は特効薬抗真菌薬で

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症する皮膚感染症の1つです。
感染症と言われるくらいですので、他人からうつる皮膚病です。
白癬菌は皮膚の角質層に感染し、そこで増殖を繰り返します。
1度、角質層に取り付いてしまうと、自然といなくなるという事はありません。

ですので、まずは水虫にならないよう対策を行いましょう。
白癬菌は皮膚であれば、どこでも感染できるのですが洗い流す頻度が少なく、しかも皮膚に白癬菌が付着しやすいという事もあり、特に足の裏や指の間は水虫となりやすい部位です。

皮膚に付着してから24時間以上たつと、白癬菌は角質層に感染すると言われています。
毎日しっかり足の裏や指の間を洗い流し、清潔に保つ事が予防に有効です。
また、白癬菌は湿度の高い場所を好みます。
長時間、靴をはいていると中が蒸れて水虫となりやすいので注意しましょう。

仕事上などで靴を履く時間が長いという場合、コットン製の靴下がおすすめです。
化学繊維で作られた靴下の場合、通気性が悪く蒸れやすい事から白癬菌に感染しやすくなります。
コットン製の靴下は通気性が良いので、水虫予防に効果を発揮します。
5本指に分かれたコットン製の靴下だと、足の指と指の間も蒸れにくくなるため、より水虫予防に効果的です。

しかし、予防をしていても水虫になってしまった場合は、皮膚科で治療を行いましょう。
皮膚科では白癬菌に効く特効薬、抗真菌薬で治療を行います。
特効薬は白癬菌の細胞膜に作用する効果があり、白癬菌の再合成を阻害し除菌の効果を得られます。
塗り薬での治療が多く、1日1回患部に塗るだけの簡単な治療法です。
ただし特効薬といっても、医師に従い治療を行わなければ完治できません。
使い方や治療期間などは医師の指示を守りましょう。