冬になるとブーツや長靴などを履く機会が増え、靴の中が蒸れて水虫になってしまうことがあります。また、寒くなると乾燥してしまい足のかかとがひび割れその部分からも水虫が感染してしまうこともあるので注意しましょう。

冬に多い水虫の原因の2016年10月記事一覧

  • 民間療法では対処できない爪水虫に新薬が登場

    水虫といえば足の裏や指の間に、症状が現れるというイメージが定着しています。 確かに多くの水虫は、足の裏と指の間に症状が現れるのですが、実は爪も水虫になってしまうケースがあるのです。 水虫を引き起こす白癬菌は、ケラチンとい…続きを読む