冬になるとブーツや長靴などを履く機会が増え、靴の中が蒸れて水虫になってしまうことがあります。また、寒くなると乾燥してしまい足のかかとがひび割れその部分からも水虫が感染してしまうこともあるので注意しましょう。

冬に多い水虫の原因の2016年11月記事一覧

  • 授乳中の発疹や水虫について

    授乳中に水虫や発疹を発症してしまうと、薬を飲む事が難しくなってしまいます。その理由として、薬の影響が赤ちゃんにも及ぶ可能性があることが挙げられます。 しかし、水虫や発疹は放置していて治るものではありません。放置すれば、さ…続きを読む